群馬県高崎市のくすの樹接骨院



腰痛

長年の腰痛に悩まされていませんか?

年齢や性別に関係なく、多くの方が腰痛に悩まされています。ストレッチや体操、マッサージなどでも痛みが取りきれず、改善を諦めている方もいるのではないでしょうか?しかし、ほとんどの腰痛は生活習慣の影響が考えられるため、適切な処置を行えば、改善・予防していくことは十分に可能です。こちらのページでは、腰痛の考えられる原因とセルフケアの方法、当院が行う腰痛への施術内容をご紹介していきます。


腰痛でよくみられる症状・お悩み
腰の痛みで前かがみになれない
腰痛が慢性化しており、改善を諦めかけている
腰をマッサージしても、すぐに痛みが戻ってくる
長時間座っていると、腰がジンジンと痛んでくる
腰の痛みが気になり、仕事や家事に集中できない

腰痛の原因について

腰痛の約85%が原因不明の「非特異的腰痛」と言われています。レントゲンやMRIといった画像で検査をしても、明確なメカニズムが分からないのです。一方、医療機関で原因がはっきりする15%の腰痛は「特異的腰痛」と呼ばれています。非特異的腰痛、特異的腰痛の特徴を、こちらで確認していきましょう。


日常生活が原因となる腰痛(非特異的腰痛)

非特異的腰痛の原因には、筋肉の疲労や血行不良が考えられています。循環の悪化によって、発痛物質や老廃物が腰まわりに蓄積し、慢性的な腰痛を生じてしまうのです。日常生活で腰周辺の疲労や血行不良を起こすのは、次のような要因が挙げられます。

< 不良姿勢 >
背中の丸まった猫背、腰が強く反った反り腰


< 身体の使いすぎ >
前屈動作・回旋動作の繰り返し、重量物の持ち運び


< 運動不足 >
筋肉のポンプ作用が働かず、血流が滞りやすい


< 筋力の低下 >
骨格を支えるインナーマッスルの低下


< ストレス >
交感神経の働きで筋肉の緊張が強まり、血管も収縮してしまうなどです

最初は腰まわりの張り感や鈍痛、疲労感が主な症状です。しかし、状態を悪化させると、突然発症する強い腰痛「ぎっくり腰」や、下半身がしびれてくる「坐骨神経痛」などにつながるおそれがあります。


脊椎の疾患が原因となる腰痛(特異的腰痛)

原因が明確となる腰痛には、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間関節症などが挙げられます。

< 腰椎椎間板ヘルニア >
椎間板の一部が後方に飛び出し、脊柱まわりの神経を圧迫、刺激したもの。長時間の座り姿勢や中腰作業にて発症しやすい。


< 腰部脊柱管狭窄症 >
背骨の変性によって、周辺の神経を圧迫、刺激したもの。加齢が主な原因に考えられる。


< 腰椎椎間関節症 >
椎間関節(背骨の関節)へのストレスで周辺の組織に炎症を起こしたもの。腰を反る動作やひねる動作にて、椎間関節に負担がかかる。


自身で行える腰痛の対処法

筋肉の疲労や血行の悪化から、腰痛が引き起こされると考えられます。原因を考慮に入れて、次のような腰痛ケアの方法が挙げられます。

< ストレッチ >
筋肉の柔軟性を高めるためには、ストレッチが有効です。特にお尻や太もものストレッチによって、腰痛の改善・予防を期待できます。30秒ほどかけて、筋肉をゆっくりと伸ばしましょう。


< お尻のストレッチ >
仰向けに寝ます。片方の膝を曲げて、両手で抱えるようにします。抱えた膝を胸にぐっと近づけるようにすると、お尻の筋肉を伸ばせます。左右バランスよく行ってください。


< 太もものストレッチ >
椅子に座ります。片方の膝をまっすぐ伸ばし、つま先は立てるようにします。背中を伸ばしたまま、つま先に向けて上半身を倒していくと、太もも裏側の筋肉を伸ばせます。


< 適度な運動 >
運動する習慣がない方も、20分ほどのウォーキングから始めてみましょう。第2の心臓とも呼ばれるふくらはぎの筋肉を使うため、全身の血行が促されます。


くすの樹接骨院の腰痛へのアプローチ方法
当院では、まずカウンセリングによって患者様の状態を確認します。そして、次のような施術を行い腰痛の早期改善を目指します。

1:炎症を抑える
強い痛みや炎症がある場合は、最新の電気治療、超音波治療、鍼灸などを組み合わせて、患部の治癒力を高めていきます。また、安静の必要があれば、テーピングやサポーターによって腰部を固定することもあります。
腰痛1

2:痛みの原因に対しての施術
手技(もみほぐし)を中心に、筋肉の緊張を緩めていきます。痛みの原因は腰だけにあるとは限りません。患者様の状態に合わせて、背骨や股関節の動きも確認しながら施術を進めていきます。
腰痛2

3:可動域を拡げる
「痛みによって身体を動かさなくなる⇒筋肉が硬くなり、関節の可動域が狭くなる⇒より患部に負担がかかる」の悪循環が生じてしまいます。筋肉や関節にかかる負担を軽減するために、モビライゼーション・マッサージ・ストレッチ等により腰まわりの動きを良くしていきます。
腰痛3

4:筋力を強化する
骨格を支えている筋力が低下していると、痛みが再発する可能性があります。当院では、電気刺激によって筋肉を鍛えていく「EMS」や、トレーニング指導によって、腰痛がぶり返しにくい身体作りも行います。特に腰痛では、EMSで腰部のインナーマッスル(腸腰筋)を強化しておくと、痛みが起こりにくくなります。

ご自身で腰痛の対処が難しい場合は、くすの樹接骨院にお気軽にご相談ください。

施術内容・料金はこちら


ご予約について
Reservation

LINE公式アカウント

LINE公式はこちら

WEB予約

WEB予約はこちら

電話予約

電話予約はこちら


当院のご紹介
About us

院内写真

初めての方

施術内容・料金

スタッフ紹介

良くある質問


院名 : くすの樹接骨院 鍼・灸

院長 : 高橋大樹

住所 : 
〒370-0801 群馬県高崎市上並榎256-3
センチュリーハイツ1階西室

TEL : 027-363-0411

診療時間 : 
午前 8:30~12:00  午後 14:30~19:30

休診日 : 日曜日/土曜午後休診

診療時間



くすの樹接骨院 公式

SNSアカウント

くすの樹接骨院ではLINE・Instagramを運用中!

LINEはこちら

Instagramはこちら


得意とする症状

> 交通事故施術

> 腰痛

> 美容鍼×フェイシャル

> 足専門外来

頭に関する症状

> 頭痛

首・肩・腕に関する症状

> 肩こり

> 四十肩・五十肩

> テニス肘

背中・腰・お尻に関する症状

> 腰痛

> ぎっくり腰

膝・脚に関する症状

> 膝痛・関節痛

外傷(ケガ)に関する症状

> 交通事故施術

> 捻挫

> 肉離れ

その他に関する症状

> 眼精疲労

> 美容鍼・フェイシャル

くすの樹接骨院 鍼・灸



腰痛

ご予約はこちら 腰痛 ぎっくり腰 肩こり 四十肩・五十肩 頭痛 膝痛・関節痛 テニス肘 捻挫 肉離れ 交通事故施術 美容鍼×フェイシャル 眼精疲労

くすの樹接骨院 鍼・灸

  • 〒370-0801 群馬県高崎市上並榎256-3センチュリーハイツ1階西室
  • TEL:027-363-0411 院長:高橋大樹 営業時間 午前診療 8:30~12:00 午後診療 14:30~19:30 休診日:日曜日/土曜午後休診


頑固な腰痛でお困りの方へ
腰痛について
腰痛ははっきりと原因の特定できる「特異的腰痛」と、原因がはっきりしない「非特異的腰痛」に分かれます。特異的腰痛は腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などに代表されて、腰痛全体の約15%がこれにあたると言われています。残りの85%は原因のはっきりしない非特異的腰痛となります。筋肉の過緊張や筋力低下、精神的ストレスが原因として考えられます。腰痛の治療には構造的な問題だけではなく、生活環境や社会環境も考慮した適切な問診、施術が大切です。


くすの樹接骨院の腰痛治療
当院での腰痛治療は大きく4つの段階に分かれています。適切な問診検査により患者様に合わせた最適な施術を行います。

1:炎症を取る
強い痛みや炎症がみられる腰痛には、最新の電気治療器、超音波治療器、鍼灸治療を組み合わせて早期回復を行います。また痛みが強く動くのが大変な場合は、テーピングやサポーターで痛みを抑えます。

腰痛1
2:痛みの原因に対しての施術
痛みの原因は腰だけにあるわけではありません。腰に近い筋肉の緊張や股関節、背骨の動きなどを確認しながら施術していきます。

腰痛2
3:可動域を広げる
痛みから腰を動かす機会が減ると、筋肉の委縮や関節の動きが悪くなっていきます。腰にかかる負担を減らすために手技(モビライゼーション・マッサージ・ストレッチ等)により腰回りの動きを良くしていきます。

腰痛3
4:筋肉をつける
腰の痛みが少なくなってきたら、腰の安定性を良くする筋肉を強化していきます。関節の安定性向上、再発防止の為にもうひと踏ん張りです。当院では、EMS(電気刺激による筋力強化)、トレーニング指導を行います。

頑固な腰痛でお困りの方は、くすの樹接骨院にお任せください!

施術内容・料金はこちら
お電話でのご予約
お電話でのご予約

ライン公式アカウントからご予約
ライン公式アカウントからご予約

アクセス
くすの樹接骨院〒370-0801
群馬県高崎市上並榎町256-3
センチュリーハイツ1階西室
ミニストップ上並榎店様すぐ
高崎経済大学より車で2分
駐車場4台(5~8番)
店舗外観

駐車場のご案内
駐車場のご案内
当院駐車場は当院西側5~8番になります。

受付時間
受付時間